モンスト:ルシファーとクシナダのストライクショットどっちが強い?【号令系比較】


号令系のSSには性能差がある!

神化ルシファーと進化クシナダが共通してもっているのが「号令系」のストライクショット。当てる必要もなくすべての味方が動き出すので、画面全体に大ダメージを与えられます。

ぱっと見は同じですが、実は性能には結構な違いがあります。それは号令中に動くキャラの速度と攻撃力の倍率に差があること。

号令中に動いているときのキャラは、この「倍率」のおかげで通常よりも強くなっているんです。

倍率の一覧表はこちら

ということで、ルシファーとクシナダの号令系SSの倍率をまとめてみました!

号令SS倍率
キャラ名 自分の
速度
自分の
攻撃力
仲間の
速度
仲間の
攻撃力
神化
ルシファー
5倍 1.2倍 2.5倍 1.2倍
進化
クシナダ
9.2倍 1.8倍 0.95倍 1.8倍

結局どっちが強い?

どっちが強いかは、厳密に言えば「状況による」ということになります。

クシナダは自分自身の強化倍率がかなり優秀ですが、ルシファーは仲間が大幅に強化されます。

つまり、自分がボスと壁の間にはさまってるときなどはクシナダ、仲間の誰かならルシファーが強いとなりますね。

さらに忘れちゃいけないのは、クシナダの強力な友情コンボ「プラズマ」。号令中ももちろん発生するので、上手く付けばルシファーよりもずっと大ダメージを与えることも出来ますよ。

プラズマが上手く決まればクシナダ、適当に弾いても十分強いのがルシファーと考えると覚えやすいかもしれません。

僕個人のイメージでは、クシナダの方が大ダメージを与えることが多いような気がします!

クシナダ&ルシファーのステータス

進化クシナダの強さ

chara-687-shinka
基本情報
レアリティ ★6
入手方法 降臨クエスト「八岐ノ森の贄比女」でドロップ
属性
種族 亜人族
ボールタイプ 反射
戦闘タイプ スピード型
アビリティ マインスイーパー
ゲージショット アンチダメージウォール/鉱物キラー
ステータス
HP 攻撃力 スピード
Lv極 17005 15566 328.07
タス最大値 +3900 +5350 +115.60
タスカン限界値 20905 21016 443.67
ゲージ成功時 - 25219 -
キラー発動時 - 37828 -
スキル
ストライクショット 効果 ターン数
八雲 霊力で味方を動かし敵へ撃ちこむ 24
友情コンボ 効果 最大威力
プラズマ ふれた仲間との間に属性プラズマを発生させ攻撃 7090

モンスト:【進化】八岐ノ贄姫 クシナダ(ボール) ⇒クシナダの強さと評価

神化ルシファーの強さ

モンスト:【神化後】反逆の堕天使 ルシファー
基本情報
レアリティ ★6
入手方法 ガチャで入手
属性
種族 妖精族
ボールタイプ 反射
戦闘タイプ 砲撃型
わくわくの実 英雄の証あり
アビリティ バリア
ゲージショット アンチダメージウォール
ステータス
HP 攻撃力 スピード
Lv極 17498 21358 271.93
タス最大値 +4200 +3125 +40.80
タスカン限界値 21698 24483 312.73
ゲージ成功時 - 29379 -
スキル
ストライクショット 効果 ターン数
悪魔を憐れむ歌 悪魔の歌で味方を動かし敵へ撃ちこむ 24
友情コンボ 効果 最大威力
エナジーサークルL サークル状の属性大エナジー攻撃 18562
十字レーザーS 十字方向に属性小レーザー攻撃 3788

モンスト:【神化後】反逆の堕天使 ルシファー ⇒ルシファーの強さと評価

みんなにも教えよう!

みんなのコメント

  1. 十騎
    2017-06-26 8:35

    どのように調査をしたのですか?

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。